#4_物件探し編_「コンセプトを考えるうちに条件が変わっていった」駅近より“公園近”が魅力に!_「リノベる。スタッフの家づくり」
見出し画像

#4_物件探し編_「コンセプトを考えるうちに条件が変わっていった」駅近より“公園近”が魅力に!_「リノベる。スタッフの家づくり」

リノベる

連載企画「リノベる。スタッフの家づくり」では、中古マンション購入+リノベーションのワンストップサービス「リノベる。」のスタッフの自邸づくりを紹介します。
いつもはお客様に提案する立場の「リノベる。」スタッフが登場していましたが、今回の#4は番外編。前回に続き、お客様がより快適にリノベーションを楽しんでいただくためテクノロジーを活用したプロダクトの開発・提供を行っている、IT・プロダクト部門の照屋遼さんが登場します。
新築から検討を始め、最終的にリノベる。でリノベーションをすることに決めた照屋さんは、どのように物件探しを進めていったのでしょうか
(文:村崎恭子 写真:古末拓也)

data
・物件:マンション(RC)3階
・面積:約65㎡
・築年数:築18年
・エリア:東京都練馬区
・家族形態:夫婦+犬

まずは「5大条件」を設定
新築の戸建てやマンション、リノベ済み中古と全ての選択肢を検討した上で、中古マンション購入+リノベーションを選んだ照屋さん。他社との比較検討の結果、リノベる。で家づくりをすることに決め、いよいよ物件探しが始まります。
まず設定したのが、リノべる。の物件探しにも欠かせない「5大条件」です。「5大条件」は、「広さ」「駅距離」「価格」「築年数」「エリア」。これが決まっていないと絞り込めない、欠かせない5つの検索条件です。

照屋さんが出した5大条件(予算以外)はこちら。

・広さ :70〜75㎡
・駅距離:徒歩5分以内
・築年数:15年以内
・エリア:実家のあるエリア

これをもとに担当者とコミュニケーションをとりながら、物件探しを進めていきました。

コンセプトに合わせて条件が変わっていった

5大条件を完全に満たしてくれる物件にはなかなか出会えずにいましたが、カウンセリングや内覧を重ねていった結果、照屋さんの中で変化が生じたといいます。

「現実的には『5大条件そのままの物件はない』という事実を理解してから、リノベる。はコンセプトを叶えるための優先順位を一緒に整理してくれて、すごく助かりました。」

物件探しと並行して照屋さんが担当者と考えたコンセプトは「暮らしが豊かになる住まい」というもの。毎日の家事動線や機能性を重視し平日はストレスなく効率的に、そして、週末はリラックスして過ごすーーそんなイメージを膨らませていった結果、自分の中で条件が変わっていったといいます。

「週末をリラックスして過ごすことをイメージし、公園に近い・陽当たりのよい南向き・開放感のある間取りを作れること、そして、当初優先度の低かったペットを飼えるという新たな条件が加わりました」

note 照屋さん邸2

それと同時に、5大条件の中に許容できる部分が生まれてきたそう。
「これまで駅徒歩4分に住んでいたので同じくらいの距離と思っていました。でも、現地で歩いてみたら意外と『10分ってすぐだな』と思ったり、駅からは10分でも大きい公園からは3〜4分だったりして。週末にはリラックス
して緑に触れて過ごすっていうコンセプトと合致する方を優先し、駅徒歩は優先度を下げました。実際に現地で経験しながら住まいを想像してみると『それは重要じゃない』、『実はこれが重要』がわかってきたんです。想像と体験のギャップで変わっていった気がしています。希望面積も、リノベーションによって解決できる効率的な空間の使い方や採光の工夫などによるアイディアを見たり聞いたりすることで、条件を変えても希望が叶うことを実感し、変わっていきました」

窓の外の景色や周辺の雰囲気を肌で感じられるなど、現地へ行かないとわからないことは多々あったといいます。自分たちが許容できない部分をリノベーションで変えられない物件は候補から外していきました。

現地での担当者のアドバイスが背中を押した

最終的に「公園から近い」というコンセプトに沿った魅力を持つ先述の物件に決めた照屋さん。コンセプトとの合致が決め手でしたが、担当者と一緒に現地を訪れ、アドバイスをもらえたことが背中を押しました。

陽の光が家中をまわり、玄関まで届くような間取りをイメージしていた照屋さんに対し、少し暗い印象の部屋があることを気にしていたら、「ここに室内窓をつければ光が通りますね」と提案があったり、目の前の道路の交通量を気にしていたら「二重窓にすれば騒音が半分程度になりますよ」とアドバイスがあったり。

 「以前、施工現場を見たことがあるので、壁を取ってスケルトンにした時のイメージは持てたのですが、二重窓や室内窓のアイデアは一人では想像できなかったので、提案されてはじめて『確かにそうだな』と納得感を持って決められました」

こうして選び抜いた物件を照屋さんはどのようにリノベーションしたのでしょうか。次回、照屋さんがこだわった家づくりの詳細をお届けします

staff profile

画像2

照屋 遼
リノベる株式会社 カスタマーエクスペリエンス本部 プロダクトマネジメント1部 部長
英国ラッセル・グループの大学を卒業。業務・ITコンサルティング系のスタートアップに従事後、オンラインゲーム企業や自身のスタートアップでプロダクト開発、新規事業、法人経営を経験。前職では画像系AI(機械学習)コンサルタントとして活躍し、2019年にリノベる株式会社へ入社。

▼続きや、その他の記事はこちら▼



みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
これからも素敵な情報をお届けします!
リノベる
リノベる株式会社 公式アカウントです。https://renoveru.co.jp/ (リノベる。サービスサイト:https://www.renoveru.jp/