#2_住宅購入のキッカケ編 「賃貸はもったいない」コロナ禍が26歳での物件購入を後押し_「リノベる。スタッフの家づくり」
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

#2_住宅購入のキッカケ編 「賃貸はもったいない」コロナ禍が26歳での物件購入を後押し_「リノベる。スタッフの家づくり」

リノベる

連載企画「リノベる。スタッフの家づくり」では、中古マンション購入+リノベーションのワンストップリノベーションサービス「リノベる。」のスタッフの自邸づくりを紹介します。

いつもはお客様に提案する立場のリノベのプロが、どのように物件探しやリノベーションを行なったのか、ユーザーとしての迷いや悩みなどのリアルボイスと、プロならではのノウハウや工夫をお届けしていきます!

さて、二人目に登場するのは、中古マンション探しとリノベーションのワンストップサービス「リノべる。」にお申込みいただいたお客様と一緒にリノベーションを前提とした中古マンション探しをサポートする仕事を行う押野さん。新卒4年目の26歳で購入したマンションの1室で、憧れのひとり暮らしを実現しています。

押野さんがリノベーションをしようと思ったキッカケはなんだったのでしょうか。

(文:村崎恭子、カバー写真:古末拓也)

data
・物件:マンション(RC)4階
・面積:40㎡
・築年数:築39年
・エリア:東京都中野区
・家族形態:単身

お客様の物件を見るたびに憧れが募っていく

リノベるに新卒入社をした押野さんの入社は2017年4月。現在の仕事をする中、お客様の物件引き渡しに立ち会うたびに「早く私もこういう暮らしがしたい」という思いが募っていき、自分自身も早々に中古マンション購入+リノベーションを考え始めたそう。

画像1

写真:古末拓也

キッカケは、コロナ禍の実家暮らし

押野さんが物件を探し始めたのは、新卒で入社して3年が経ち、ローンが組みやすくなってきたタイミング。2020年3月、ちょうど世の中がコロナ禍になり、1回目の緊急事態宣言が出た頃でした。

実家暮らしだった押野さんの生活は、コロナ禍で大きく変わったといいます。

「親がリモートワークになりずっと家にいて、今まで以上に自分の時間を取りにくくなったんです。私は火・水が休みだけど親がリビングで仕事をしているから自由に過ごせない。元々あった自立したいという思いが一気に加速しました」

一般的に、働き始めていざ実家を出る20代半ば頃のタイミングでは「とりあえず賃貸」と考える方が多い中、押野さんがいきなり購入へと気持ちが向いたのは、お客様の声を沢山聞いていたからだそう。

「普段からお客様とも話しているのですが、そこまで愛着のわかない賃貸に毎月お金をかけるのはもったいないと思っていて。自分が家に使えるお金が限られているからこそ、気に入ったものに早い段階でお金をかけた方がいいって考えました」

とはいえ、潤沢に予算があったわけではなく、「もう少し貯金してからにしようか」など迷いもあったといいます。しかし、何も手元に残らない賃貸を支払っていくよりは、ちょっと背伸びをしてでも、今できる範囲で自分らしい暮らしを実現するのが大事と思い、購入をしようと気持ちを切り替えました。

画像2

26歳でのマンション購入に、親もはじめは難色を示したそう。

「この歳で一人で家を買うのは、親の世代にはとっては抵抗があったみたいです。「一生に一度の買い物」というイメージが強いからでしょうか。でも、家を買ったからといってずっと住むつもりではなく、ライフステージの変化に合わせて住み替えることを想定していました。中古マンションだと資産価値の目減りが少なく将来の売却や賃貸にも有利だということを伝え、しっかり納得してもらえました」

中古マンションと資産価値とはどのような関係なんでしょうか。

「マンションは、築20年ぐらいまでは建物部分の価値が落ちる傾向があるのですが、築年数が経っても土地の価値は残こります。そのため、20年を過ぎたころから落ち方が緩やかになりますが、30年を超えるとほぼ横ばいになっていきます。つまり、将来売却する際、購入額との差を比較的小さく抑えられる可能性が高くなるということですね。また、賃貸をするときも、賃貸ニーズのある立地で、リノベーション物件であれば貸しやすいこと、賃料は景気や築年数によって売買価格ほど大きく変動しないため、資産として底堅いと考えています」

居心地のいい「ホテルっぽい空間」をイメージ

今の家では「自分の時間を好きに過ごしたい」という思いが強かったという押野さん。

「実家ももちろん大事な場所だけど、そうじゃない特別感がほしくて。自分で好きなものを食べたり飲んだり、友人を家に招いて一緒に過ごしたりしたいな、と。あとは服とか、自分の好きなものに囲まれたいなという思いがありました」

そこで、キーワードにしたのは「ホテルっぽい空間」。ワクワクしながらも自身が居心地の良いと思えるホテル像をイメージして、プランニングを進めました。洋服の収納や、遊びにきた友人が座れる場所、キッチンの広さなど、面積的にコンパクトになりがちなスペースもしっかり確保したのがポイントです。

画像3

写真:古末拓也

次回、物件探しのプロである押野さんが、この物件をどのように探したのか、詳しく聞いてみたいと思います。


画像4

staff profile

押野彩
2017年4月に入社した新卒5年目。中古マンション探しとリノベーションのワンストップサービス「リノべる。」リノべる。のサービスにお申し込みいただいたお客様と一緒にリノベーションを前提とした中古マンション探しをサポートを行っている。

▼続きや、その他の記事はこちら▼


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
これからも素敵な情報をお届けします!
リノベる
リノベる株式会社 公式アカウントです。https://renoveru.co.jp/ (リノベる。サービスサイト:https://www.renoveru.jp/