なぜ大手ハウスメーカーからリノベるへ転職?設計士の方に内定者がズバリ聞いてみた。
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

なぜ大手ハウスメーカーからリノベるへ転職?設計士の方に内定者がズバリ聞いてみた。

こんにちは!内定者の吉田です!

このnoteでは、応募者の皆さんが知りたい、リノベるの仕事内容や人、社内の雰囲気まで、様々なリノベる情報をお届けします。

今回は、「なぜ大手ハウスメーカーからリノベるへ転職?内定者がズバリ聞いてみた。」と題して、大手ハウスメーカーのリフォーム事業部からリノベるに入社し、現在、ライフスタイルデザイナー(内装設計)として活躍している先輩社員に「リノベるへの入社理由」や「実際に働いてみてのやりがい」をインタビューさせていただきました!

今回インタビューを受けてくださったのは、デザイン課の渡邉さんです!

渡邉(わたなべ)さん

画像1


前職時代ー大手ハウスメーカーで営業~設計ー

ーー本日は、よろしくお願いします!
早速ですが、前職ではどのような業務をされていましたか?


新卒で大手ハウスメーカーに入社し、最初の2年間は、新築の注文住宅の営業を行いました。その後、リフォーム部門に異動になり、4年間営業から設計まで関わっていました。
ある程度規模が大きい案件は外部に委託していたので、基本的には中小規模のマンションリフォーム案件がメインでした。会社の特徴にもよると思いますが、前職のリフォーム時は既製品や会社のオリジナル商品を納め、古くなった住居を新築のように綺麗にする、ということが多かったように思います。

転職はより暮らしを豊かにする仕事を求めて

ーー幅広く業務に携わることができて、やりがいもありそうです。そのなかで転職を考えたきっかけは何だったのでしょうか?

前職は、「リフォームで新築マンションのようにできる」というのを売りにしていたんです。そのため仕事では元の新しい状態に戻す事を求められていて、お客さまもそれを求められる方がほとんどでした。

しかしあるお客さまに「こんな暮らしもできますよ」と新たな暮らし方の提案をしたら「渡邉さんに頼んでよかった」ととても喜んでもらえたことがありました。このとき、新しい状態に「戻す」だけがお客さまに対してできることではないんだなと感じたんです。それは、お客さまの暮らしに”その人らしさ”を「加える」ことで、暮らしを豊かにできるんだ、と思えた瞬間でした。

それができるのは、やはり、リフォームではなく「リノベーション」だと思い、リノベーションの会社への転職を決めました。もっともっと暮らしに寄り添っていけばお客さまの暮らしをよりよい方向に変えていけるのではないかと思ったんです。

ーーリノベるは採用ページから直接応募されたということですが元々知っていたのでしょうか?

リノベーションの会社としては認識していました。以前からHPの事例インスタグラムの投稿をみていて、「リノベーションといえばリノベるだな」という感覚はありましたね。
なので、リノベーション業界で転職を考えたときに、まずはリノベるだと思って、応募ページからリノベるの求人に応募しました。

入社決め手はワクワク!?

ーーここから少し転職について教えてください。リノベるに応募した理由は何だったんでしょうか?

ワンストップでの施工実績が多いことが1番のポイントでした。施工実績が多いということは、それだけ知識やノウハウが集まっていて、自分自身の学びの環境があると感じました。前職は自社のマンションリフォームがメインでしたが、マンションは施工会社や築年数によっても作り方が違います。その違いに対応するための知識やノウハウを学びたいとも思っていました。また、リノベるはデザイナー(設計士)が施工管理を担当するので、設計の知識だけでなく、現場の知識・ノウハウも得られ、よりお客さまに安心してサービスを提供できる会社だと思いました。

ーー選考中で印象に残っていることはありますか?

面接で建築の話をたくさんしてくださった印象が強く残っています。選考前はどんな人が働いているのか全くわからなかったですが、面接で「あ、本当に建築好きな人がいる」と思い、リノベるなら自分が好きな建築の話ができるなと思ってよりワクワクしました。

前職ではあんまり「あの建築見に行ったよ」とか「あの素材いいね」などの話をできる人が多くはなかったので、建築に対する感度が高い人がいるリノベるは魅力的な環境だと感じました。

画像2

ーー実際に入社してみてどうでしたか?

想像以上に設計にこだわりや関心を持っている人が多いです!忙しいなかでも、毎週開催されている設計勉強会でお互いの完工案件を紹介するなど、知識やノウハウ共有ができる機会があることにとてもワクワクしました。また、リノベるは1件における全体のスケジュールを管理するシステムや、どのタイミングでどんな打ち合わせをするのかのマニュアルがあるんです。それを常にアップデートし、生産性を高めるという姿勢があります。業務の平準化がされているからこそ設計などのクリエイティブなことにより時間をかけることができる環境だと実感しました。

あと、実際にノウハウをもっている方に相談できて業務がやりやすいなと感じています。「お客さまがこういうのを求めているのですが、どうしたらいいですかね?」とベテランの方に相談すると、皆さんやっぱり答え持っているんですよね。「この人がやっていたから話聞いてみたら?」とか「資料あるよ」と相談にのってもらえるので、とてもやりやすいです。


安心感◎な設計環境

ーー入社してから今に至るまでどのようなことをされてきたのですか?

入社して一年半はデザインソリューション課という、すでに物件をお持ちの方向けの設計のチームに配属され、営業~設計施工を担当していました。今は物件探しから行うワンストップリノベーションサービスの中で物件を購入されたお客さまとの打ち合わせ〜設計施工を担当しています。

ーーそうだったんですね。研修はどのような内容だったのですか?

入社して最初の1件目を、先輩がメイン担当している案件をアシスタントとして一緒に進めていました。そこでリノベるならではのお客さまへの提案の仕方、現場の進め方などを研修プログラムを通して学びました。経験のない仕上げや納まりに関してはベテランの先輩やパートナー会社の方に相談でき、分からないことは周りのサポートもありました。

今は毎週、チームのMTGや課長との1on1で担当案件の進捗やタスクを一緒に確認できたり、またなにかあれば、周りの先輩方に相談ができるので、安心して業務を進められています。

ーーワンストップリノベーションにおける設計業務の詳細を教えてください。

物件購入されたお客さまの担当として、打ち合わせから設計施工、お引渡しまでを行っています。部分リノベーションもありますが、フルリノベーションを行うことが多いです。
業務の流れとしては、最初にライフスタイルコーディネーターライフスタイルデザイナーでキックオフMTG を行い、お客さまの情報共有を受けます。そこからお客さまとの打ち合わせで、お客さまの理想の暮らしをしっかりヒアリングさせていただいてから、設計が始まります。

業務内容としては設計打ち合わせ、図面作成、内装提案、見積もり作成、現場管理をしています。だいたい6~7割が、見積もり・打ち合わせを含めた設計業務です。

ーー前職の経験が活きているところはどんなところですか?

お客さまへのコミュニケーションの取り方は活きていますね。
お客さまと関わる仕事だったことは変わらないのでお客さまへの伝え方や注意するポイントは活きています。また、規模の大小はあるにしても案件の進め方や流れ、現場での業務を理解していたことも役に立っています。今はそこに加えて設計者としての提案の幅を増やせるよう案件を通して経験値を積んでいます。

画像3


リノベるの設計で働く醍醐味とは?

ーーリノベるの設計で働く魅力はどんなところですか?

完工した案件をお客さまに満足頂くことはもちろんやりがいなのですが、私は現場で職人さんと話し合いながら納まりを検討し、カタチにしていく時間がとにかく楽しくてやりがいを感じています。お客さまからヒアリングした理想の暮らしを、私たちが図面にして、現場はその図面を形にしていきます。職人さんに図面を見せながら、お客さまの希望やこだわりを伝えて、「だったらこうしたほうがいい!」とかアイデアを出し合いながら形にしていくことが楽しいです。

他に魅力としては、やはり知識が学べ、経験ができるというところです。
施工実績が多いからこそ、施工面での知識や技術面のノウハウ、ヒアリングの仕方などを学べ、入社半年くらいからは自分がメインで進めていけるので、経験も沢山積むことができます。

ーー設計をしていて大変なことはありますか?

苦労していることは、ヒアリングですね。
前職は、お客さまに言われたことをそのままカタチにするというスタンスだったのですが、リノベるで求められることは、お客さまが「らしい」暮らしを実現するためのデザインをすることです。なので、お客さまに言われたことをそのままうのみするのではなく、その言葉の背景には何があるのか、本質的に何を求めているのか、までヒアリングすることをリノベるでは大事にしています。
最初はそのギャップに苦労しました。ヒアリング力をつけるために色んな人にヒアリングの仕方を聞きにいったり、先輩の打ち合わせに同席もさせていただきました。先輩の打ち合わせに同席するなかで「そんなところまで聞いてるんだ!」とヒアリング力の高さに驚きを感じたこともありました。

あとはお打ち合わせにしっかりお時間を取ることですね。打ち合わせは1回に3時間、お客さまによっては5〜6時間かかることもあります。その後、プランを考えたりするのでかなりボリュームが多くなります(笑)やはり、暮らしに対してこだわりをもっているお客さまが多いからこそそのくらいかかってしまうんだと感じています。でも、部署のなかで、図面を書くサポートの方がいるので、自分がやることと他の人に任せることとを決めることで、業務量を調整しています。

使う②

オープンな雰囲気!

ーー設計の部署はどのような雰囲気ですか?

若手もベテランも分け隔てなく仕事をしている印象で、そもそも平均年齢が若いというのもありいい意味でフラットな環境だなと感じます。
今はコロナ禍でできていないですが、もともとはランチや夜ご飯に行って会話をしたり、休みの日は一緒にお出かけしたりもしています。また、わからないことがあったときにはすぐに周りの人に聞けるような雰囲気です。

前の本社のときは、固定席だったので、近くにいる人に聞いてましたが、今はすごくオープンな環境なので、ちょっとあの人のところに行って聞いてみようというように相談しやすいですね。

とりあえず門を叩いてみては?

ーーリノベるに興味を持ってくださっている候補者へ一言お願いします!

設計として成長したい、家づくり・リノベーションの楽しさをお客さまへ伝えたいと思っている方は、門をたたいてみるといいのでは!と思います。
個人的な意見として、自分でHPやショールーム、事例をみたり、働いている人の話を聞くことで、自分自身にとって納得感をもった会社選びができると思います。


画像5


まとめ

渡邉さんのお話からリノベるには設計の知識やノウハウをもっている人たちが多くいて、それらを共有できる機会もあるからこそ、お客さまの暮らしに深く寄り添うことができますし、自身の成長にも繋がるということがわかりました!
そしてその結果お客様の満足度に繋がっているのだと思いました。またリノベるのライフスタイルデザイナーの仕事内容や雰囲気・環境についても知ることができ、リノベるで働くイメージを膨らますことができました。リノベるのデザイナーならではの現場でのやりがいや魅力を知ることができたので、とてもワクワクしました!

ーー渡邉さん本当にありがとうございました!!

カジュアル面談のご案内

リノベるでは、リノベるで働くことに興味をもってくださった方向けにカジュアル面談を実施しています。カジュアル面談とは、通常の選考とは違い、選考要素のない面談のことです。

人事が会社や希望職種の説明や、みなさんの気になることをざっくばらんに回答する面談ですので、少しでもリノベるに興味をもった方は、気軽にカジュアル面談会にお越しください。

カジュアル面談の応募はこちら↓↓
https://hrmos.co/pages/953801218742829057/jobs/0000


見ていただくだけでなく…スキまでも❤ありがとうございます!
リノベる株式会社 公式アカウントです。https://renoveru.co.jp/ (リノベる。サービスサイト:https://www.renoveru.jp/